YOKOHAMA

横浜市は政令指定都市の一つであり、日本の市町村で人口が最も多く、神奈川県内の市町村で面積が最も広い。横浜市の人口は、1942年に100万人を超え、戦時中は減少したが1951年に再び100万人を超え、1968年に200万人を超えて名古屋市を抜いた。そして1978年には大阪市を抜いて東京都区部に次ぐ大都市中第2位となり、さらに1985年には300万人を超えている。現在は、全国の市で最も多くなっており、これは人口が多い都道府県10位の静岡県に同等である。横浜市の人口が多い理由は、市域面積が大きく山地湖沼が少ないことなどが挙げられている。戦後に京浜工業地帯や東京湾沿岸部の商工業が発展したことで、東京一極集中の影響で地方から都市部への人口流入が進み、市郊外の私鉄沿線に沿って宅地開発が進み急速に人口が拡大した。市域の歴史では、鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から発展しており、江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため発展している。海の玄関口として栄えた。横浜が大きく変革したのはペリーの黒船の来航であろう。日米修好通商条約が締結され、この通商条約に「神奈川」を開港するよう定めたことが、横浜の都市開発の発端となった。近年では1993年には、みなとみらい21地区のシンボルとなる横浜ランドマークタワーが完成した。

精子検査を郵送で行えるサービスが国内にあります

精子検査を郵送で行えるサービスが国内にあります。精液検査というのはとてもデリケートで、男性の不妊を疑う方には避けては通れない道です。ですが、病院に行かずに自宅で採取して郵送し、結果をパソコンや電話などで確認できるので、とても便利です。精子検査の料金は1回に2,500円とお安くなっていますし、3回パックと5回パックがありますので、精液検査は日々違う結果がでますので、数回のパックの申込みをお勧め致します。私も結婚して数年経ちますがなかなか子供が出来ず、妻と一緒に不妊治療について考えるようになりました。男性が不妊の原因となっていることもありえるので、郵送で検査を受けて、まずは原因を確認してから治療を受けようと思っています。
Continue reading

知人が通ってくる横浜の眼科

私の知り合いだが、わざわざ遠くから横浜の眼科に受診に来る。お気に入りの病院&ドクターだということと、病院の後の買い物や食事が何よりの楽しみだと言う。何事も自分の楽しみの方向へ変えてしまうプラス思考の友人だ。夕方の時間帯の時は私にも連絡をくれて、都合さえ付けば下町あたりで一杯やってから帰ってゆく。私としても時々のこの連絡は楽しみなものだ。

今週の週末は横浜でショートムービーとビールが楽しめるイベントに行きたいと思っている。二時間もの映画は疲れてしまって観る気力がなかなか起きないが、飛行機の中などでよく観るショートムービーはなかなか簡潔で面白いと思っていたのだ。何かと雑用で忙しくまとまった時間が取れない私にもちょうどいいと思う。
Continue reading